東西寺春秋 マネジメント

知能犯史時代考証家・ノンフィクション作家
東西寺 春秋 Haruaki TOZAIJI

TOZAI_photo-300x300

日本国内、及び世界58ヶ国で潜入取材を敢行し、独自のスタイルで裏の社会を徹底的に描くノンフィクション作家。 アンダーワールドで生きる人々をテーマにした作品づくりには定評があり、裏社会に生きる人々への体当たりの取材やインタビューは、ノンフィクション作家ならではの手法で『東西寺ワールド』を作り上げている。また、特に詐欺手口の研究においては第一人者であり、各メディアに取り上げられ活躍の場を広げている。
東西寺春秋 公式サイト

【代表作】
hoteloh_tanko『浮浪者からホテル王になった男』 ぶんか社)
1971年、冬。炎は家族と財産を男から奪い去った。死に場所を求めたどりついた浅草。餓死寸前の男を救ったのは、自分たちを世付人と呼ぶ路上生活者だった。五右衛門、ダルマ、ノッポ、メガネ、ナベさん、帽子の男性といったユニークな人達。腐った残飯を漁り、路上生活者としての生活をはじめた男にはとんでもない人生が待ち構えていた。【1998年作品】