ハレの日マーケティング

「ハレの日マーケティング」とは、個人や企業などを対象に、今まで見過ごされていた「記念日」や「周年」を発掘したり、それらを関連付けて、新しい価値を見つけるプロジェクトです。

例えば、自分と誕生日が同じNPO団体の情報を知ることで、そのNPOに興味が湧くかもしれませんし、自分と同い年のヒット菓子があれば、親近感が生まれることもあります。

企業であれば、新たな「記念日」「周年」を元にキャンペーンやイベントを企画したり、福利厚生につながることもあります。

今まで見過ごされていた「記念日」や「周年」は、言われてみれば「なるほど」というものが多いのですが、実際にはなかなか気が付かないのです。

私たちは「ハレの日」がさらに増えてハッピーな世の中になるよう、様々な角度から研究を続けています。